そぞろごと

退嬰老人日記

雑記

日記

この一月から思い立って日記をつけている。こうして自分で日記を書いていると、他人の日記が気になってくる。たとえば永井荷風の断腸亭日乗。題名からして厭味だなと思って顧みなかったが、うちにあった全集本で罹災日録というのをみると、たしかにじじむさ…

年頭所感

初詣に出かけた人は、今年は少なかったのだろうか。私はめったに行ったことがないが、今日になって近くの神社に足を運んでみた。三日の午後なので、あまり人もおらず、がらんとした感じだった。コロナの影響か、鈴がなくなっていたが、あれがないとどうも神…

年末の一日に

ふと思い立って芥川の「年末の一日」を読んでみようと本を取り出した。5ページあまりの小品。年末に知り合いの記者と漱石の墓参りをしたという、ただそれだけの話だが、末尾に車曳きの男が箱車を曳くのを手伝ってやる場面がある。それは東京胞衣会社の箱車な…

近況

日本では年末の年中行事に組み込まれているベートーヴェンの第九。私もなんとなく毎年クレンペラーのものを聴いていた。今年はふと思い立ってユーチューブでフルトヴェングラーのものを聴いてみた。いままであまり好きではなかった第九だが、この演奏はすご…

蒐集趣味の終焉

だいぶ前にエリスライトという鉱物について書いたが、その後もいっこうに気に入る標本に巡り合えず、今後一生かかっても入手はむつかしくなってきた。こういう先の見えない、ぐずぐずした流れに終止符を打つべく、中途半端なしろものではあるが、ともかくエ…

Teuchedy について

ロバート・バートンの『憂鬱の解剖』に、Teuchedy というのが出てくる。これが何なのか、長いこと謎だったが、いつだったか、あるフォーラムでその語源解説がしてあって、なるほどと膝を打った。ところが、今見てみると、ページごと消え去っている。もしかし…

わが心の大和田

大阪市西淀川区大和田西2の39。これが私の精神上の原籍地だ。私はここに9歳まで住んでいた。今日、仕事で近くを通ることになったので、しばらく車をとめて、子供のころ遊んだ思い出の場所を写真に撮ってきた。ひとさまにはまったく興味をもってもらえない…

好事魔多し

やっと軌道に乗りかけた宅録だが、ちょっとした不注意でギターの背面に穴を開けてしまい、リペアに出さざるをえなくなった。納期はひと月半とのことで、11月中旬まで宅録はお預けということになる。宅録はともかくとして、日常的にギターを弾くことが習慣に…

粋でこうとで人柄で

昔の本ではたまに見かける表現だが、この「こうと」は「高等」のつまったものだと思っていた。高等、つまり高尚というような意味かな、というふうに勝手に思いこんでいたのだ。ところが、最近饗庭篁村の「当世商人気質」を見ていたら、このこうとに「公道」…

オリンピックについて思うこと

コロナ騒ぎでオリンピックが延期となり、さらには中止になるかもしれないという。楽しみにしている人々にとっては由々しき事態だが、私としてはまるきり関心がなくて、どうでもいいや、という気持だった。しかし、スポーツにほとんど興味のない私も、かつて…

新世紀の幕開け

このたびのコロナ騒動で、やっと20世紀が終りを告げ、21世紀が始まるのかな、という気がしている。なにを寝ぼけたことを、もう20年も前から21世紀に入ってるよ、という声もあるだろう。まあそれはそうだが、われわれが〇〇世紀という言葉で思い浮べるあれや…

日々是凶日

コロナコロナで 明け暮れて しづこころなし どうもこういう問題になると、なかなかデリケートで、うかつな発言はできないが、私は昨日だいぶ「3密」を破ってしまった。いうところの法事。なにもこんなときにやらなくてもいいのに……どうも日本人はまだ事態を…

幺微体

新型ウイルスが猛威を揮っているというので、連日報道がある。ヒアリのときでもそうだが、水際作戦なんてうまくいくわけがない。ちょっとした隙からいくらでも入ってくる。とくに日本のような、おめでたい国ではね。まあそれはそれとして、そういえばバクテ…

ピエール・ルイスは下司なやつ

ピエール・ルイス(正しくはルイ)を主人公にした映画が出たらしい。なんでいまごろ?このルイスなる作家には典雅な作品もあるが、気が狂っているとしか思えないものも多い。そんな彼の狂文を、『十二ダースの対話』からサンプル的に紹介しよう。内容に沿っ…

二人のプリュドム

prudhommerie とか prudhommesque とかいう言葉があって、いずれも Prudhomme(人名)に由来する。意味は、くだらないことを勿体ぶってしゃべる、ということで、そんな言葉の語源になったプリュドム氏というのは、いつしか私にとって俗物のひとつの典型にな…

サッポーの歌をギリシャ語で聴く

呉茂一の訳したサッポーの「アプロディテー讃歌」。これはなかなかすごいものではないかと思う。 はしけやし きらがの座に とはにます神アプロディタ、 天帝のおん子、謀計の織り手、御前にねぎまつらくは おほよその 世のうきふし なやみごともて 我が胸を …

狂詩について

東洋文庫(平凡社)の「江戸狂詩の世界」という本をぱらぱらめくっているが、どうも興が乗らない。中途半端にひねったものばかりで、がつんとくるものがないのだ。「江戸のエスプリがわからぬか」と通人にいわれそうだが、エスプリなんぞはどうでもいい。私…

新紙幣の顔

渋沢栄一がどういう人か、何をした人か、私はよく知らないが、厨川白村が1922年(ほぼ100年前!)に書いた「悪魔の宗教」という論稿*1に、 多年うまい金儲けをして身は大資本家となつて貴族に列せられる頃には、引退して何食わぬ顔で今さら論語なぞを説いて…

リリアン・ギッシュ──永遠の相のもとに

日夏耿之介が大正十五年に書いた雑文「中世活動写真考」に、 『中世智慧の輪』の中から活動写真の項をしらべ出して研究して世間をあつと云はせんものと、……さて若し若しあつたとしたらばなんと思召す、イゾルデ姫にリリアン・ギッシュ見たやうな美女が扮し、…

永遠の夏 ── L'été éternel

永遠の、とくれば、夏、ですよね。永遠の冬なんていうのは考えにくい。ましてや永遠の春や秋などありえない。それらは来てはまた過ぎ去るものだ。これは夏をあらわすフランス語が「エテ」なので、それが「エテルネル(永遠の)」を連想させるのだろうか。い…

矢野目源一の肖像

矢野目源一の幻の詩集『光の処女』がネットでも見られるようになって、とうとうそういう時代がきたか、という感をつよくしている*1。彼の詩集『光の処女』と『聖瑪利亜の騎士』は、何年か前にテクストファイルを作ってネット上に流したことがある。電子テク…

男女の行動の違い

高山宏に『殺す、集める、読む』という題のエッセイ集がある。私はまだ読んでいないが、この題名だけでも唸ってしまう。さすが学魔といわれるだけのことはあるな、と。しかし、よくよく眺めてみると、「集める」と「読む」とを並べるのは、同義語反復の嫌い…

はじめに

これまで同一IDで三つのブログをやってきたが、そのうちのひとつを削除して、改めて新規IDで始めることにした。IDひとつに三つのブログはやっぱり無理がある。1ブログ1IDというのがすっきりしていてやりやすい。今回のIDには 1961 という数字をつけてみた…