そぞろごと

退嬰老人日記

年頭所感

初詣に出かけた人は、今年は少なかったのだろうか。私はめったに行ったことがないが、今日になって近くの神社に足を運んでみた。

三日の午後なので、あまり人もおらず、がらんとした感じだった。コロナの影響か、鈴がなくなっていたが、あれがないとどうも神社に来たという気がしない。

今年は、三が日だけでも仏壇に線香をあげようと思って、仏花の水換えも毎朝やった。こういうのは自分には珍しいので、それはたぶん前に読んだ深見東州の『強運』の影響だろうと思う。あの本は、山師の書いたハッタリ本だと思う人が大半だと思うが、私は山師でもイカサマ師でも、その人から学ぶものがあれば遠慮なく学ばせてもらうことにしている。あの本は、私のなかに潜むオカルト的人間を目ざめさせてくれた。

オカルトの重要な教えのひとつに、「上なるものは下なるものごとし」というのがある。あるものが上にあるのか、下にあるのか、それは観点の違いにすぎない。人は神を上にあるもののように思って、天に向って礼拝する。しかし、神や仏というものは、上にあるというより下方、それも万物の底の底に、普遍的なものとして横たわっているように思われる。

神を霊的実体とみる説は古くから行われている。それが当っているかどうかはともかくとして、霊的であろうがなかろうが、神を実体とみるかぎり、それは下にあるもの(実体 substance は下に立つものの意味)とみなすのが正当ではなかろうか。神は上部構造ではなく、下部構造をささえる原理的なものだと考えるほうが、私には真理に近いと思われる。

私はさらに考える、外なるものは内なるもののごとし、と。神はどこか超越的な時空に存在するのではなく、いまここ、この自分の内部に存在するのだ。それは神性といってもいいし、仏性といってもいい。そういうものが、自分の内部の、それも存在の底の方にましますといえば、つまるところ遺伝子というものが神の正体だということになるだろう。

私はいまのところ、冗談抜きで遺伝子=神であるという説を信じている。神に祈るということは、己の遺伝子に語りかけることにひとしいと思っている。

まったく、われながら正気の沙汰とも思えないが、上にも書いたように、オカルトの玄義として相反するものの一致ということがある。われわれは己の遺伝子とじかに交渉をもつことが不可能であるから、それをあたかも外部の、しかも上方にあるものと仮定して、それを神と呼んだり仏と呼んだりして敬うのである。

祖先崇拝というのもその典型であって、祖先というのは、遺伝子に蓄積されてきた情報を、時間的、擬人的に過去に投影したものだと考えることができる。祖先はわれわれの遺伝子の中に、いまなお生きて活動している。

仏壇に手を合せて祖先を祭るというのは、自分の中の遺伝子に間接的に働きかけているのだ。

というようなわけで、2021年は私にはオカルト元年になってしまった。