そぞろごと

退嬰老人日記

コロナコロナはもう飽きた

うん、もうたいていの人が飽き飽きしているような気がする。だんだん感染者が増えつつあるというので、危機感をもってる人もいるようだが、そんなのはごく少数派だ。コロナなんて恐るるに足らん、とみんなうすうす感じてるんじゃないかな。

少なくとも私のまわりでは、本気でコロナを怖がっている人は一人もいない。どうしてこうなるかといえば、コロナが大した毒性をもっていなかったからだろう。もしエボラ出血熱くらいの毒性があったら、みんな躍起になって封じ込めをしたに違いないし、それなりの成果は出ただろう。なにしろ罹ったら命取りとあっては、みんな必死になるよね。

それにくらべてコロナなんか、罹っても発症しない人もいるようだし、たぶん自然に治ってしまう人も少なくない。おそらくだが、来年にはただの風邪レベルにまで下ってるんじゃないかと思う。

老人が重篤化しやすいというが、それは風邪やインフルエンザでも同じこと。後遺症の有無なんて、この時点でわかるはずない。くだらないデマをとばして危機感を煽るのはいい加減やめてもらいたい。やめてもらいたいなんて言わなくても、もうだれもまともに取り合ってはいないが。

都知事にしろ、首相にしろ、もうコロナにはうんざりといった心情が透けて見える。はっきりいえば、飽きたのだ。そんなことにかかずらっている暇はないよ、とね。

そもそも、この時期にまだマスクをしているなんて、ばかげていると思いませんか?

といいつつ、私もまだマスクを外す勇気はもてないが。