そぞろごと

本、鉱物、音楽、etc.

外国の詩のわからなさ

この季節は落葉がすごい。掃いても掃いても追っつかない。道ばたに溜った落葉が風に舞うのを見ながら、ふとヴェルレーヌの「秋の歌」を思い出す。

これは上田敏の名訳によって日本でも広く知られている。私の母も、この詩と、カール・ブッセの「山のあなたの空遠く」はときどき口ずさんでいた。

おおげさにいえば、上田敏の仕事で、こんにち目に見えるかたちで残っているのは、この二つの訳詩だけかもしれない。そのことを泉下の彼が知ったら、それこそ「色かへて涙ぐ」んでしまいそうだ。

ネットでこの詩に関する記事をみると、原詩よりもすぐれているとか、やっぱり原詩のほうが上だとか、誤訳だらけだとか、突飛なのになると、上田敏はフランス語もドイツ語も知らなかったとか、てんでに勝手なことを書いている。柳村はゲーテファウストを第一部はドイツ語で、第二部は英訳で読んだ、と正直に書くほどの人だから、ドイツ語ができないどころの話ではない。フランス語はいうもさらなり。

まあそれはそれとして、原詩と訳詩とどっちがすぐれているか。これはおもしろい問題だが、その前に、まず日本人で原詩を読んで、ちゃんとよさが分る人がどれだけいるだろうか。

自分のことをいえば、この詩は原詩も訳詩も暗誦できるが、私が朗読したものをフランス人に聞かせれば、ずいぶん変な詩の読み方だと思われるに違いない。われわれはこの詩をそんなふうには読まない、そんなふうに読んだら、せっかくの詩が台無しになる、というのがそのフランス人の意見ではないか。

なぜそう思うのかといえば、動画サイトなどで視聴する、フランス人によるこの詩の読み方が、およそ自分の読み方とはかけ離れているからだ。かれらの読む「秋の歌」は、私の耳にはまったく詩には聞こえないのである。意味をとることはできても、そこに「音楽」を感じ取ることができない。つまるところ、耳で聞くかぎり、そこらへんの新聞雑誌の記事と、ヴェルレーヌの詩とは、ほとんど違いが感じられないのだ。

なるほど字をみれば、音綴数も韻も明瞭だが、それがじっさいにどう響くのかを体で感じ取ることができない以上、原詩は「わからない」としておくのが誠実な態度だと思う。だから、原詩と訳詩とどっちがすぐれているかは、いわゆるバイリンガルの人にしかわからない、ということになるだろう。

「外国の詩は原語で読まないとほんとのところはわからない」という意見がある。これはもちろん正しいと思うが、原語で読んだところで、「ほんとのところはわからない」ことに変りはないのだ。